なぜフランチャイズがよいか?

601cd51f05f93339b978cffc85c00bf4_s

フランチャイズでお店の出店を考えている方に向けて書いています。

フランチャイズでの開業は70%の人が成功しています。個人で独立開業したは5年後に継続できているお店は25%、実に4分1が失敗しているということになります。こう比べるとフランチャイズでの出店がいかに成功率が高いかがよくわかるかと思います。

・フランチャイズの仕組み
ではフランチャイズの仕組みはどうなっているのか?
コンビニやファストフード店は全国どこに行っても見かけますが、こういった多店舗展開のお店はチェーン店と呼ばれています。チェーン店は会社の直営店ということになります。チェーン店は同じブランドで経営の方法やサービス、そして共通したノウハウを取り入れたお店で、集客力としても「このお店ならこんな商品が並んでいる」「このチェーンならこんなサービスだよね」という認識が全国的にも浸透しているので、その安心感や信頼感から利用する人が多くいます。
チェーンの強みはまさにこれで、例えば有名チェーンのコンビニと個人のコンビニがあればどちらを選ぶかといえば、大方有名チェーンの方を選ぶことでしょう。チェーン店にはチェーン独自のサービスが揃っていますし、個人店にはない、例えばATMや宅配サービスなど、企業間で契約することで利用できるサービスの充実によって、今の時代個人店ではなかなか対抗できなくなっています。チェーン店であっても経営者はそのコンビニの社員ではなく、個人の経営者であるケースがあります。これが「フランチャイズ」と呼ばれるシステムなのです。
お店によってはその地域の農家とコラボして店頭に商品を並べるなどの差別化も図っており、チェーン店と言えどお店のサービスや品揃えは多様化してきています。

ある流通サービス(店舗)の商号や商標、オリジナル商品、ノウハウなどの企業独自のビジネス方法であるフランチャイズパッケージを、本部(フランチャイザー)が個人経営者(フランチャイジー)に提供することによってフランチャイズという関係が築かれています。
このビジネスモデルは本部がフランチャイズパッケージで経営する権利を経営者与える代わりに、売り上げから対価を支払っています。

このフランチャイズの大きなメリットとしては低コストで新店舗を開業することができるので、近年では多くの業種フランチャイズ制度を導入する企業が増えてきています。加盟者側としては物件を探す手間も省けますし、莫大な開業費も必要ありません。ノウハウも1から始められますし、何よりブランド力による集客力が魅力です。仕入れのルート等、個人だと苦労するようなことも既に揃っていますので、成功ビジネスを使ってあとは経営者独自のセンスで人気店に仕上げていくことができます。

お弁当屋のフランチャイズもまた現在増えてきています。これから新規店舗を出店される方は有名企業のフランチャイズを検討してみてください。